【VPSって何?】MT4自動売買システムを “24時間連続” で稼働させる最強のテクニックを徹底解説!


こんにちは、KOOです(´∀`)



日頃より、本ブログに

お越しいただきありがとうございます!



本日は VPS を使用して、


MT4 自動売買システムを24 時間連続稼働させる方法


についてご案内いたします。


はじめに


MT4 自動売買システムとは

簡単に言ってしまうと、


FX の世界でトレード (注文) を自動で行ってくれる


そんなシステムとなります。



つまり、


あなたの代わりに相場の状況を判断し自動で取引を行ってくれるシステム


ということです。



このシステムは、

Windows PC のみ対応のものが多く

Mac ユーザーや PC を持っていない方

にとってはややハードルが高いため、

断念される方も多いかと思われます。



また、

Windows PC をお持ちの方でも


システム起動中は画面を常時つけっぱなしにする


といった必要があるため、

デスクトップ PC
ならまだしも

ノート PC を持ち運ぶ方にとっては

連続して稼働させることが難しく、

諦めている方も多いかと思われます。



そこで、

今回ご案内する VPS を使用することで

自動売買システムを運用するための


様々な悩みや問題について


全て解消しようという訳です!



Mac ユーザーもしくは

スマートフォンしか持っていない方は

この機会に VPS について学んでいただき

その便利さを感じていただけたなら、

契約してみるのも良いかと思います!



ちなみに、

僕は自動売買システムをベースにして

時間のあるときに裁量をしておりますが

Mac ユーザー なので VPS には

いつもお世話になっております♪



それでは早速、VPS について見ていきましょう!

VPS とは・・


VPS とは、

Virtual Private Server (バーチャル プライベート サーバー)

の略称で、つまりは仮想専用サーバーのことです。



簡単に説明をすると、


仮想上にある PC をレンタルしあなた専用の PC として利用できる


そんなサービスとなります。



仮想上にある PC にはスマートフォンから

リモート デスクトップ接続 (離れた場所から PC に接続する機能)

を使ってアクセスすることができ、

あたかも自分のスマフォの画面が

Windows PC と同じように利用できます。



もちろん、MacWindows からも

VPS にアクセスすることはできるため

普段は PC 上で VPS を管理して、

外出中はスマートフォンから管理する

といった運用が可能となります。



また、仮想サーバーの本体は、

サービス提供元の拠点で管理されているため


電源を常時つけっぱなし


にしていても、


電気代やバッテリーの消耗の心配はない


ということです!



デスクトップ PC の場合、

24 時間連続稼働しているだけでも


月々 2,500 円ほどの電気代


が掛かるため、

電気代も意外とバカになりません。



では、

どこのサービスを使ったら良いか

オススメをご紹介したいと思います♪

VPS はどこの業者を使うべき?


さて、

ここまでの説明で VPS について多少は

お分かりいただけたのではないでしょうか。



ただし、

VPS を提供する業者は様々あり

どこの業者を使えば良いのか

悩んでしまうかと思います。



そこで今回は、

VPS を提供している業者の中から

有名どころの 3 社をピックアップし

どこの業社を使えば良いのかを

比較していきたいと思います♪



ちなみに僕は、

ABLENET を使用しております。



なぜかというと、

VPS を提供している業社の中でも

一番安く利用できるからです。



後半では、

ABLENET を実際に使用する際の

設定をまとめしておりますので

ご参考にしていただけますと幸いです。



それでは早速、

VPS の 3 社を比較していきましょう!


上記の表を見るとダントツで

ABLENET が安く利用できますね!



ちなみに、ディスクの種類ですが

HDD にすることで初期費用無料で

ご利用いただくことが可能となりますが

SSD だとかなりサクサク動きます。



これから長く使用することを考えると

個人的には SSD がオススメですね♪



また、メモリ容量が 1GB のため、


性能面での不安に感じた方


もいると思いますが、

実際に使ってみてメモリ不足だなと

感じたシーンはありませんでした。



複数口座で MT4 を動かす場合は、

メモリ 1GB あれば 2 つまでは

パフォーマンスに影響なく運用できます。



3 つ以上を同時に動かしたい場合は、

性能の高いプランに契約変更することで

さらに快適にご利用いただけます!



こうなってくると

価格も安く、運用面でも問題のない

ABLENET で決まりですね。笑



他の業社は老舗ということもあり、

安心して利用することはもちろんできます。



ただし、ABLENET に関しても、

10 年以上続く老舗であることや

価格以外の大きな差はありませんので

わざわざ高いお金を払ってまで

使えるねっと や お名前.com を

使う必要はないと思います。



さて、VPS の業社を選んだら

次はいよいよ登録手順ですね!



ここでは僕も利用している

ABLENETVPS を使うための

手順をまとめていきたいと思います!

ABLENET 登録手順


ABLENET の登録手順をご案内いたします。



この手の手続きに慣れていない方は

ご参考にしていただけますと幸いです♪



<手順>

1. まず始めに、ABLENET の公式サイトにアクセスします。

2. アクセスしたら左側の VPS [くわしく見る] を選択します。


3. プランを選びます。

4. ここでは “Win1 プラン” を選択します。


5. プランの詳細を選択します。

6. ハードディスクは [SSD] を選択します。

※ HDD だと初期費用が無料ですが、今後のことを考えるとサクサク動く SSD がオススメです。

7. お支払い方法は、[クレジットカード試用期間あり] を選択します。

※ コンビニ払いの場合、更新期限ごとにコンビニに支払いにいく必要がなく、また、クレカの場合、最大で 10 日間の試用期間があるので、自動売買システムが届くまでの期間を無駄にしなくて済むからです。

※ ただし、10 日以内に本契約に移行しないとサーバーが停止し、その後破棄されてしましますのでご注意ください。


8. 次に利用規約を確認し [同意する] にチェックを入れます。

9. 全てにチェックを入れたら [規約に同意し、進む] を選択します。


10. 契約期間を選択します。

11. サーバー契約期間は [月払い] を選択します。

※ 6 ヶ月払いや年払いだと月々の利用料金は安くなりますが、実際に使ってみてから継続するか決められるように、始めは月払いで良いかと思います。

12. 次に [見積もり画面へ進む] を選択します。


13. お見積もりの金額を確認します。

14. Windows Sever 利用規約の [同意する] にチェックを入れます。

15. Windows Server を選択します。

16. [申込者情報の入力へ進む] を選択します。


17. お申込者情報を入力します。


18. 申し込み情報、お申込者情報に間違いがないか確認します。

19. クレジットカードの情報を入力し、[注文を確定する] をクリックします。


20. これでお申し込みが完了となります。


登録が完了したら、


お申込み受付けお知らせ


という件名のメールが届きます。


仮想サーバーの準備は、

24 時間以内に完了いたします!



サーバーの準備が終われば、

いよいよ VPS の初期設定および、

スマフォMac PC で利用するための

設定を行っていきます。



少し設定が分かりづらいので、

以下に詳細をご案内いたします。

VPS の使い方について


仮想サーバーの準備が終わったら

ABLENET から


[ABLENET:VPS] VPS(Winプラン)設定完了通知/試用について(ABLE*****V)


という件名のメールが届きます。



こちらのメールには、


契約したサーバーの大切な情報


が記載されておりますので、

誤って削除してしまわないように

必ず保存しておきましょう!



特に重要な部分はこちらになります。


※ 赤枠部分のコンピュータ・ユーザー名・初期パスワードは、この後 VPS にリモート デスクトップを使用し、アクセスするために使います。



なお、ここで注意点ですが、


上述したとおり試用期間は最大 10 日間となっており、その間違に本契約へ移行しなかった場合、サーバーは停止しその後破棄


されてしまいます。



そのため、

継続して使っていきたい場合、


試用期間内に本契約に移行する


ことを必ずお守りください!



本契約への移行方法は、

メールの本文中にも記載があるので

そちらをご参考いただけますと幸いです。


それでは早速、

リモート デスクトップを使用して

VPS に接続する方法について、

詳しい手順などをご案内いたします!



ここではデバイスごとに、

VPS へアクセスする方法を記載いたします。

Windows PC の場合


リモート デスクトップは、

Windows PC の標準機能となるため、

別途アプリケーションなどを

インストールする必要はありません。



そのため、

VPS に接続する方法はとっても簡単です。



<手順>

1. タスク バーの検索ボックスに「リモート デスクトップ接続」と入力します。


2. [リモート デスクトップ接続] を選択します。


3. [リモート デスクトップ接続] が起動したら、接続先の PC の名前 (コンピュータ名) を入力し、[接続] を選択します。

※ コンピュータ名は、先ほどメールの本文で赤枠にしたところに記載されてます。


4. 資格情報の入力画面でユーザー名とパスワードを入力します。

※ こちらも赤枠の箇所に記載されてます。

5. “資格情報を記憶する” にチェックを入れ、[OK] を選択します。


6. 警告画面が出ますので、”このコンピューターへの接続について今後確認しない” にチェックを入れ、[はい] を選択します。


これで接続は完了です!



リモート デスクトップ接続を

終了したい場合につきましては

画面上部の [×] マークを押しましょう。



イメージとしては、

アプリケーション画面を終了する

といった感じになります。

Mac PC の場合


iMacMacBook 等の

Mac OS を使っている場合は、

Windows PC とは若干異なる方法になります。



初めての場合、

少し分かりにくいと思いますので

画像付きで細かくご説明いたします♪



<手順>

1. App Store から ”Microsoft Remote Desktop” をインストールします。


※ Mac OS 10.11 以降の場合はこちら


※ それ以前の OS バージョンをお使いの場合はこちら


2. アプリケーションを起動します。

3. 情報の共有にご協力くださいという画面が出てきますので、[Not now] を選択します。


4. アプリケーションが起動したらメニュー バーの [+] マークを押下し、[Desktop] を選択します。


5. [PC Name] に接続先の PC の名前 (コンピュータ名) を入力します。

※ コンピュータ名は、先ほどメールの本文で赤枠にしたところに記載されてます。


6. [User account] の項目で [Add User Account] を選択します。


7. [Username] にユーザー名、[Password] に初期パスワードを入力し、[Add] を選択します。

※ こちらも赤枠の箇所に記載されてます。


8. [PC name] と [User account] が入力されていることを確認し、[Add] を選択します。


9. アプリケーションのトップ画面にデスクトップが作成されます。


10. 新規作成されたデスクトップをダブル クリックし、[Continue] を選択します。


これで接続は完了です!



リモート デスクトップ接続を

終了したい場合につきましては

画面上部の [×] マークを押しましょう。



イメージとしては、

アプリケーション画面を終了する

といった感じになります。

スマートフォンの場合


Android スマートフォン

iPhone をお使っている場合は、

Windows PC とは若干異なる方法になります。



初めての場合、

少し分かりにくいと思いますので

画像付きで細かくご説明いたします♪



<手順>

1. リモート デスクトップ用のアプリケーションをインストールします。


※ iPhone の場合はこちら


※ Android の場合はこちら


2. アプリケーションを起動します。

※ ここでは iPhone のパターンでご案内いたします。

3. 右上の [+] マークを選択します。


4. [デスクトップ] を選択します。


5. PC 名に PC の名前 (コンピュータ名) を入力し、[完了] を選択します。

※ コンピュータ名は、先ほどメールの本文で赤枠にしたところに記載されてます。


6. ユーザー アカウントの項目の [毎回入力する] を押下します。


7. [ユーザー アカウントの追加] を選択し、ユーザー名および初期パスワードを入力し、[保存] を選択します。

※ こちらも赤枠の箇所に記載されてます。


8. 左上の [デスクトップ] を選択します。


9. PC 名とユーザー アカウントが入力されていることを確認し、[保存] をクリックします。


10. アプリケーションのトップ画面にデスクトップが作成されます。


11. 新規作成されたデスクトップを押下します。

12. 警告画面が出ますので ”このコンピューターへの接続について今後確認しない” を有効にし、[承諾] を選択します。


これで接続は完了です!



リモート デスクトップ接続を

終了する場合につきましては、

画面上部の [≡] マークを押下し

[セッションの終了] を選択しましょう。



また、スマフォから操作する際、

マウス ポインターを有効にすることで

細かい部分の操作が容易になります。



個人的にはマウス ポインター

使用したほうが操作性が良いので、

かなりオススメとなります!

自動売買システムをダウンロードするには


各種デバイスで

VPS に接続できることを確認したら

最後にシステムをダウンロードしましょう!



ただし、初期設定のままでは、

インターネット エクスプローラーの

[セキュリティ強化の構成] が有効のため

このままではシステムのファイルを

ダウンロードすることができません。



そこで、

ABLENET で紹介されている

手順を参考にしていただき、

[セキュリティ強化の構成] を無効にしましょう♪


[セキュリティ強化の構成] を無効する方法はこちら



設定が終わったら、

XM Trading のサイト内から MT4

ダウンロードしたり、メール設定をして

自動売買システムのファイルを

ダウンロードして使いましょう!

最後に


ここまでお疲れ様でした!



以上で VPS の説明は終わりとなります。



普段 PC を使っている方でも

リモート デスクトップを使用する方は

そうそういないかと思いますので、

ちょっと大変だったかと思います・・。



ただし、

これで電気代を気にすることもなく、


外出先ではスマフォから自動売買システムをON/OFF したり


と、あなたの FX 生活

より便利にすること間違いなしです!



これまで、

なかなか自動売買システムに

手を出せなかったという方も、

今回ご紹介した方法で少しでも

やる気になっていただければ幸いです♪



また、最後の最後になりますが、

本記事をご覧いただいた方全員に

お礼の意味も兼ねて僕が実際に使用している


FX 自動売買システムの無料モニター権利


をプレゼントいたします!



過去の記事に実績もあるので、

興味のある方は是非ご覧いただき、

ご検討いただけますと幸いです♪



それではまた(´∀`)



無料で自動売買システムを運用してみたい方はこちら


あなたがもし・・

本気で稼ぎたいと思っているのであれば、

こちらの無料モニター企画

参加することをおすすめいたします!



実績を見ていただければ分かりますが、

無料モニターの皆さん爆益です。

→ Twitter で日々の収益内容を見る



FX プロ トレーダーが独自に開発した、

この自動売買システム

今なら無料でご利用いただけます!

→ 無料モニター募集企画について



また運用特典として、


0 から 50 万円を稼ぐノウハウ


も無料
でプレゼントいたします!



資金に困っている方でも

しっかりと行動に移すことだけで

十分な利益をあげることが可能です。



なお、先月の最新の実績は、

以下のリンクよりご覧いただけます。

→ 無料モニターの実績大公開!



100 万円運用で荒れた年末年始の相場でも、

60 万円ほど稼ぎを出すシステムとなっております。


また、今年 8 月の荒れた相場状況でも

きっちりと利益を出してくれています。


無料でシステムを受け取りたいという方は、

僕の LINE 公式アカウントまでお気軽に

ご連絡をお願いいたします^^

→ LINE 公式アカウント



本 LINE アカウントでは、

他にも稼げる手段や最新の情報

不定期で宣伝しております^^



興味のある方だけお越しください(´∀`)



ABOUTこの記事をかいた人

一児のパパで、投資やコンサル業など、時間に左右されないビジネスを中心に活動しております。本ブログでは、情報商材に関するレビューをメインで行なっております!詐欺的な案件が多いネットビジネスの世界で、被害者を少しでも減らす努力をしております!