バイナリー オプションでリスクヘッジを徹底するには?


こんにちは。KOO です。


本日は、バイナリー オプションにおけるリスクヘッジについてご紹介いたします。

そもそもリスクヘッジってなに?


バイナリー オプションに限らず、

投資で安定的に資産を増やしていくにはリスクヘッジが不可欠になります。


では投資でのリスクヘッジとは何を意味するのか。


リスクヘッジ = 相場変動による損失の危険を回避すること。


よくよく調べてみると、もともとはドイツの保険用語で使われていたもので、日本語訳に向かず正確な意味ではないようですが、一般的には上記のように損失の危機を回避する事でいいと思いますし、バイナリー オプションではそう言った意味で利用される事が多いです。


バイナリー オプションでリスクヘッジをする際に 1 番シンプルなのが【両建て】です。


HIGH にも LOW にもどちらもポジションを取り、投資を行う事でこれなら上手く行けば利益にもなりますが、損失になる可能性もあります。


あくまで、

リスクを少なく回避出来るように戦略を練る。


完璧にリスクヘッジを行う事を目指すよりも、利益を狙いつつリスクヘッジを行う事を目指していったほうが良さそうです。

勝ち負けを繰り返すのがバイナリーオプション


投資と名のつくもので 100 %利益になるものは存在しません。


バイナリー オプションも例外ではなく、勝ち負けを繰り返しながら最終的に利益にしていくものです。


何も考えなくても HIGH か LOW と

50 % の勝率があるので、少しでも勝ち負けの中で損失になる配分を減らしていく。


そう考えながら取引をしてみてはいかがでしょうか。


「少しでも利益を得る為に予想をする・・」

と考えながら為替チャートを見たり、「取引ツール」を使ってみてください。


業者側が提供する取引ツールまたは無料のツールは「バイナリー オプションで取引ツール自動売買ツールが使える業者まとめ」というタイトルでまとめますので、今しばらくお待ちくださいませ。


それでも勝ち負けを繰り返すでしょう。


100 % 勝てるわけではないからこそ、バイナリー オプションのリスクを管理し易いという特徴が生きてきます。

スポット取引の逆のオプションでリスクヘッジ


例えば、FX や CFD のスポット取引とバイナリー オプションを組み合わせたリスクヘッジです。


FX でドル円の買いを行いますと、ドル円が上がれば利益になりますが、ドル円が下がると損になりますね。


ここでバイナリー オプションの出番です。


ドル円が下に動いたときに利益になるようなバイナリー オプションを買っておくのです。


これでドル円が上がればバイナリー オプションは掛け捨てになりますがスポットが利益に、ドル円が下がった場合はスポットで損を出しますが代わりにバイナリー オプションが利益になります。


ワンタッチ オプションなどはリターン率が高いので、むしろ相場が下がってくれたほうが儲かる場合もあります。


そういうときはスポット取引のほうがリスクヘッジになっているかもしれませんね。

例: ) ワンタッチ オプションがある IG マーケッツ証券でのリスクヘッジ

ドル円 76.70 L のスポット買い
ドル円 76/65 以下になったときのワンタッチ オプションを買う

ドル円が上がった場合 : スポット買いが利益、オプション掛け捨て。
ドル円が下がった場合 : スポット買いが損失、オプションが爆益。


どちらを何枚取るかは各々の裁量。


例えば、以下のチャートならドル円は下げ相場なので、下がる可能性も高い。


仮にドル円を 10 万通貨買いにするとしたら、76.55 を (50) で 2 万円分買っておく。


すると 76.55 になればオプションが満額の (100) になるので 2 万円の (100 – 50) で 1 万円儲かる。


そのときドル円のスポットは 15 pips のマイナスなので、-15,000 円の含み損。


このように 1 万円分のヘッジができるようになる。


これらのリスクヘッジを行い勝利時の利益ではなく、敗北時の損失をいかに少なくできるかで、安定した利益を生むことができる。


リスクヘッジを活用し利益を出しましょう^^



ABOUTこの記事をかいた人

一児のパパで、投資やコンサル業など、時間に左右されないビジネスを中心に活動しております。本ブログでは、情報商材に関するレビューをメインで行なっております!詐欺的な案件が多いネットビジネスの世界で、被害者を少しでも減らす努力をしております!