MACD の使い方を徹底解説!!


こんにちは。KOOです。

本日は MACD の使い方について開設いたします。

そもそも MACD とは「Moving Average Convergence/Divergence Trading Method」の略で、直訳すると「移動平均・収束拡散トレード法」となります。


ゴールデン クロスやデッド クロスと言えば、移動平均線を使った法則が有名ですが、MACD は移動平均線に先行して売買シグナルを発します。

また、MACD はトレンド相場で使えるだけでなく、逆張りのシグナルも出してくれるという、両方の性質を持っています。

MACD の使い方はとてもシンプルで、MACDがシグナルをクロスしたところがエントリーのサインになります。

また、水平のゼロ水準も大事なポイントになるので、覚えておいて下さい。

ポイントとして、MACD がクロスする時ですが、クロスする時の角度が重要です。クロスする角度、つまり MACD がシグナルをクロスする角度が深い時は信頼性が高く、逆に浅いクロスの場合は、信頼性が弱いといえます。

見方としては、ゼロ水準の以上のところで MACD が上からシグナルを下に向けてクロスしている場合は、売りのサインになります。そして、ゼロ以下のところで MACD がシグナルを下から上に向けてクロスしている場合は買いサインになります。

今まで、移動平均線・MACD を使ったことがなく、自分のトレードに取り入れたいと思ったら、全部一度に取り入れず、ひとつずつ取り入れて、自分のトレードの成績にどう影響したかを検証してみてください。


ABOUTこの記事をかいた人

一児のパパで、投資やコンサル業など、時間に左右されないビジネスを中心に活動しております。本ブログでは、情報商材に関するレビューをメインで行なっております!詐欺的な案件が多いネットビジネスの世界で、被害者を少しでも減らす努力をしております!