バイナリー オプションの出金手数料は?


こんにちは。KOOです。

本日は、バイナリー オプションの出金手数料について触れていこうと思います。

バイナリーオプションの出金手数料について


バイナリー オプションで利益を出して、いざ利益を出して出金しようとしても手数料が分からなければ手間取ってしまいますよね。

ここでは国内と海外のバイナリー オプション業者の出金手数料について紹介していきたいとおもいますので、バイナリー オプションで取引をしている方はぜひ参考にしてください。

バイナリー オプションの出金方法は?


まずは出金方法についてですが、国内と海外で若干の違いがあります。どちらもサイト上で出金申請を行いましょう。

その際、海外業者の場合はほとんどが銀行振込になりますが、一部の海外業者ではウォレット サイトへと出金させるというところもありますので注意が必要です。

出金日数については業者ごとに変わってきますが、海外業者の中でも人気の高いハイロー オーストラリアの場合は最短翌日に出金が完了します。

国内業者の場合は業者がその日の出金を指定している時間に受付けた出金申請については最短で翌営業日または翌々営業日に利用している方の出金先である金融口座へ反映されるのです。

出金日数に関しては各業者で変わってくると思うので、しっかりと確認しておきましょう。

手数料の種類と内訳


手数料と一口に言ってもその種類は様々。例えば口座への入金手数料だったり出金手数料、取引手数料、口座維持手数料などが挙げられます。

ただ国内業者も海外業者も取引手数料や口座維持手数料などは無料のところが多く、それほど心配する必要はありません。気になるのは出金に掛かる手数料です。

近年話題になっている海外バイナリー業者では業者へ支払う事務手数料や、海外にある銀行から国内銀行への送金になるので金融機関へ支払う手数料もかかります。

単純に出金手数料だけを比べても海外より国内を利用した方がお得でしょう。

今回は国内業者と海外業者を出金手数料で見比べてみたいと思います。

海外業者と国内業者の出金手数料について


それでは海外業者と国内業者の出金手数料について比較してみたいと思います。今回海外業者は日本人トレーダーに人気の高いハイロー オーストラリアと別の業者であるトレード 200 を見ていきましょう。

【海外業者】ハイロー オーストラリアの出金手数料

銀行の入金及び出金の手数料はいくらですか。
銀行の入金にはATM、金融機関、もしくはインターネットバンキング利用による手数料はお客様のご負担となります。

銀行の出金に手数料はありませんが、10,000円以下の出金はできません。


日本人に人気の高いハイロー オーストラリアでは日本の銀行と提携ているということもあり、銀行出金の際には手数料は掛かりません。

日本の銀行と提携しているということもあり、国内のバイナリー オプション業者とほぼ同じ出金日数です。

【海外業者】トレード200の出金手数料

16.出金手続き
当社の出金担当部署がお客様からの出金要請を受けた際、出金手続きの為にお客様本人に本人確認書類の提示を求めます。出金条件は、(入金額+ボーナス額)の15倍の取引となります。(同一のハイ&ロー取引において「HIGH」と「LOW」を同時に購入された取引は、不正防止の為、取引の実績としては認証されません。)1度の出金手続きで出金申請を行える金額は、5,000円以上500,000円以下となっております。500,000円を超える出金は複数回に分けて申請ください。出金の際、出金手数料を3,000円いただきますので予めご了承ください。

※現在、出金手数料還元キャンペーンを行っていますので、5回まで出金手数料は無料です。(ボーナスを取り消した場合を除く。)出金の手段として、海外送金による銀行振込を行わせていただきます。受け取りには、SWIFTコードが付与された銀行口座が必要です。出金要請を頂いた後、出金手続き完了まで最短でも土日祝日を除いた5営業日を要します。手続きがスムーズに進み、お客様の指定の口座で確認できるまで7営業日から9営業日要することがあります。受取銀行手数料や中継銀行を経由した際に発生する手数料はお客様負担となります。


トレード 200 では出金に 3,000 円の手数料が必要となります。

しかし現在は出金手数料還元キャンペーンを行っているので 5 回までの出金であれば手数料は無料です。

しかし受取銀行手数料や中継銀行を経由した際に発生する手数料については投資家負担となるので注意が必要です。

トレード 200 から海外銀行へ、海外銀行から日本の銀行へお金が渡った場合受取銀行手数料が発生しますが、この受取銀行手数料が 2,500 円だった場合、出金額から 2,500 円が引かれるので注意してください。

【国内業者】GMOクリック証券の出金手数料


GMO クリック証券から出勤すると、日本国内のみでの送金になるので出金手数料が無料。

その他の各種手数料も無料のものが殆どなので、海外に比べて出費をグンと抑えられます。

海外業者では出金できないというトラブルも多く報告されているので、リスク回避のためにも定期的に出金するほうが安心。

ということは一年のうち数回は出金することを考えると最初の一回だけが無料とは言っても負担は大きいですね。

賢い業者選びは利益額にも直結します。

国内のバイナリー オプション業者を使うメリットは信託保全や充実のサポートを受けられるだけではありません。

業者を選ぶとき、ほとんどの人が取引銘柄や取引時間ばかりに目がいってしまいがちですが、実は手数料で比べてみると年間数万円以上の違いがあることにも注意しておきましょう。


ABOUTこの記事をかいた人

一児のパパで、投資やコンサル業など、時間に左右されないビジネスを中心に活動しております。本ブログでは、情報商材に関するレビューをメインで行なっております!詐欺的な案件が多いネットビジネスの世界で、被害者を少しでも減らす努力をしております!