ストキャスティクスを利用してリスクヘッジする方法


こんにちは。KOOです。

本日は、バイナリー オプションにおける、リスクヘッジ事項について、ストキャスティクスを利用する方法についてご紹介いたします。

ストキャスティクスとは?


Stochastics (ストキャスティクス) の計算式


いつもの如くインジケーターの計算式は非常に難解ですね!

何を言ってるのか、もう人間相手に話していないのが良くわかります。

さてそんな冗談はさておき、ストキャスの計算式で表している数値は結局何なのかというと、5 日間のローソク足の平均値を数値化しています。

5 日間というのはローソク足、5 本分のことです。

ストキャスティクスの使い方 80、20 で逆張り


オシレーター系インジケーターなので基本的な考えは RSI と似ています。

ストキャスティクスでは、

80 を超えデッド クロスをしたら「売り」サイン
20 を下回りゴールデン クロスしたら「買い」サイン

というように使うのが一般的です。


チャートの下に表示されている波をうってる線がストキャスティクスのインジケーターです。

要は 80 を超える、もしくは 20 を下回ったり、2 つの線がクロスしたら、逆張りをするというように使うのですが、恐らくこれだけの根拠でエントリーしていても負けてしまうでしょう。

冒頭にも言いましたけど、どちらかというと守備的な目線で使うことができます。

ストキャスティクスの使い方!周期が崩れたら危険サイン!


ストキャスティクスで要注意で危険なのが「貼り付き」です。

青色の四角で危険ゾーンと表現しているところはストキャスが張り付いているのわかるでしょうか?

ストキャスは 5 本分のローソク足を平滑化したもの。

本来理想的な相場とは売り買いが活発にされ、価格 (ロウソク足) が上下に動いている状態です。

ストキャスが張り付いているというのは、「買い」や「売り」のパワー バランスが崩れているわけで、逆張りでエントリーしてしまうと負けてしまう傾向があるのです。

オレンジ色でエントリー ゾーンと記載としたところは、綺麗に波をうっており、売り買いがしっかりとされているから理想的な相場と判断できます。

少し内容が難しいと感じてしまったのなら、ストキャスの「貼り付き」は危険だとこれだけでも覚えておいてください。

ストキャスティクスと RSI を使った必勝ロジック


ストキャスティクスは守備的な目線で見てもらうと良いので、エントリーの基準として使うのは難しいというのが僕の答え。

なので他のインジケーターと組み合わせて使ってみましょう。

相性の良いものでいえば、RSI がお勧めです。

RSI の使い方をマスターして勝率を上げる必勝法


エントリー ルール

① RSI が 30、70 にタッチしている
② ストキャスは貼り付きしていない
③ ストキャスが 20、80 を超えクロスしているところ
④ ハイロー オーストラリア 15 分取引

※ 15 分の最長を選択する

RSI とストキャスは非常に相性の良い組み合わせです。

こうやって相場みていくとストキャスが張り付いているところで負けを避け、張り付いていないタイミングではRSIも綺麗に機能していますね!

ストキャスはこの様に使っていくと負けを回避できるので、非常に優秀なインジケーターでしたね!

今回の記事があなたにバイナリー ライフに約立てば幸いです。


ABOUTこの記事をかいた人

一児のパパで、投資やコンサル業など、時間に左右されないビジネスを中心に活動しております。本ブログでは、情報商材に関するレビューをメインで行なっております!詐欺的な案件が多いネットビジネスの世界で、被害者を少しでも減らす努力をしております!